五竜遠見での花三昧オープニングイベントの様子です。


例年より早く開花しているとのことで、


青いケシも花盛り!?


眼下に四カ庄平を見下ろし、遠く見渡せるの遠見の名のとおり、八方尾根、戸隠連峰や飯綱まで一望できました。


頭上にはパラグライダーが、花のように空に舞う。


今日は特にお天気も良く、家族づれのお客さまなども大勢見えていました。


普段とは違う世界を堪能してきました。


最後はエスカルプラザで、花ごはんのソバガレットもご馳走になり、ちょっと華やいだ気分にも(^-^)


歩くのに自信のない方には、


座って移動できるトレイルライダーのサービスもあります!


スキー場と地域が協力して16年目。素晴らしい連携の花が咲いています。


花三昧は五竜のほか八方尾根、岩岳、栂池など会場もたくさんあります。


白馬の夏、花三昧をぜひ楽しんでもらいたいと思います?


写真は、可憐な薄い花びらの青いケシ。

遠くに見渡せる戸隠連峰です。image1.JPG


image4.JPG
iPadから送信
2018.07.01 / Top↑

学校給食施設建設委員会でした。




現在の南小学校の調理場、北小と中学の共同調理場は11月30日で稼働を停止し、


しばらくの間はお弁当が提供されます。


新しい給食施設は、来年1月下旬の仮稼働、4月からの本格稼働を予定しています。


仮稼働から給食提供が始まりますので 


中学3年生も、新施設の給食を食べて卒業を迎えます。




新施設の外壁の色は、今日の委員会で決定。


隣接する中学校の色や、村の定める色彩計画に則らざるを得ないで、


うーん、ちょっと地味な感じです。


壁に給食イメージのイラストなどを描いては?という意見も、過去にありましたが、


村の定めるカラーの枠内だったり、外壁の素材の関係上それは難しいとのこと。


その代わり、配食用の自動車には、生徒たちから公募したイラストが載る予定です。


どんな絵になるかな?楽しみですね。


アレルギー対策も、さらに充実できる体制になります。


現場は、基礎部分が終わり、鉄骨を立てる工程に入るそうです。


写真は、建物のカラーイメージです。立ち上がりはややベージュがかった白、途中から屋根までは濃いめのグレーの2段階の色になる予定です。


image1.JPG


iPadから送信
2018.06.25 / Top↑

アドベンチャーレース・ジャパン   イン長野!イン白馬!


エスカルプラザで開催されたオープニングパーティーにご招待をいただき、伺ってきました。


あの!イーストウインドの田中正人さんが目の前に!感激?


外国からのチーム、国内チーム、合計30チームが、道なき道の約250キロを駆け抜けます。


ショートもあり、地元チームもたくさん参加予定と伺いました。

私たちの白馬Women's Club  は、

ゴール地点で、花ごはんを提供して協力させていただきます。


白馬を発着点に熱いレースが繰り広げられることでしょう!ワクワクです(^-^)


ARJ.のFBもぜひご覧ください。


https://www.facebook.com/AdventureRaceJapan/


さあ、明日は議会最終日。あとちょっと、頑張ります!

写真は、歓迎の演奏をする八方太鼓の皆さん、

そして、挨拶されるイーストウインドの田中正人さんです!


image1.JPG


image2.JPG


iPadから送信
2018.06.15 / Top↑

今日は、小谷村商工会の婦人部の研修会。


花ごはんについて知りたいということで、ラネージュ東館さんを会場に、ランチを兼ねての講習会でした。


ソバガレットに、自分でエディブルフラワーを飾り付けして食すという、ある意味、体験型ランチ。


色目を合わせたり、あるいは飾り付けを工夫したりと、一人一人違う表情のガレットになりました。


後半は、北安曇農業改良普及センターの職員さんから、


エディブルフラワーについての講義もあり、自分の知識もちょっぴり深まりました。


参加者ともいろいろ話ができて、花ごはんがくれるつながりにも感謝です。


隣り同士の村の女性として、これからもお互いに交流を持ちながら、


地域のために頑張って貢献できたらいいな、と思いました。


私も良い機会をもらいました。ご参加ありがとうございました??


写真は、私の飾り付けしたソバガレットです!

image1.JPG


iPadから送信
2018.06.04 / Top↑

村民スポーツ祭の後は、三日市場区の防災訓練。


初期消火の重要性ということで、消火器の扱い方、


そして、とっさの時の骨折などの応急手当を、


地元消防団員から学びました。


消火器の訓練は毎年やっているのに、最初に「火事だー」と叫び、ピンを抜いて、


足元からジグザグにかけ始め、火を消す、、、を、忘れてしまっています。


やっぱり、1年に1回ぐらいはおこなっていた方がいいと感じます。




終了後は、スポーツ祭のお疲れさま会を兼ねて、バーベキュー!


これも毎年の恒例。


今日は一日、お疲れさまでした。


役員さん、ご苦労さまです!


美味しくいただきました。


写真は、消火訓練の様子、そして出番を待つ焼き肉たちです!

image1.JPG


image2.JPG


iPadから送信
2018.06.04 / Top↑

今年度の白馬村村民スポーツ祭!


ソフトボールやミニバレー、マレットゴルフ、ゲートボールなど、


各種競技に村全体で約750名が参加しています。


暑くなりそうです、体調や怪我に気をつけて、楽しんでくださいね。

写真は、森上の北部グランドでのソフトボールの様子。

そして、新緑まばゆい白馬三山です。

image1.JPG


image2.JPG


iPadから送信
2018.06.03 / Top↑

今日は大北地域の植樹祭。


20年前の冬季オリンピックの舞台、白馬村のスノーハープが会場です。


雨が心配されましたが、大北の各市町村の小学校から参加した児童たちの元気パワーで、


300本のヤマモミジやヤマザクラ、コブシなどが、手際よく植樹されました!


児童たちは、初めての作業を楽しみながら、協力して上手に植えていました。


また、自分が植えて育った木々を見にきてもらえたらいいですね。


最後には地元女性たちによるトン汁の振る舞いも美味しくいただきました。


皆さん、お疲れさまでした!

写真は、お揃いの黄色い帽子を被って、植樹する児童たちです。

image1.JPG


iPadから送信
2018.06.01 / Top↑

共同調理場の運営委員会でした。


昨年度の決算、今年度の予算について審議。


そのほか、学校給食の基本的な考え方やアレルギー対策、


危機管理対策、食育計画などについても、意見交換しました。


取り巻く環境はさまざまで、安全で安心、なおかつ地元食材にもこだわった美味しい給食提供に努めている、


現場の職員の大変さが本当によく分かります。




来年度からは新たな給食センターで、村内小中学校全ての給食が統合されます。




さて、会議終了後は試食会。


小学校給食ということで280円で、こんなにボリューミーな給食をいただいてきました。


お腹いっぱい!美味しかった(^.^)     ごちそうさまでした。

写真は、ごはん、青梗菜のスープ、イナダのアップルソースがけ、青豆入りのサラダ、牛乳の給食です。

image1.JPG


iPadから送信
2018.05.29 / Top↑

昨日は要約筆記サークル「ころぽっくる」の主催する意見交換会に出席。


障害者差別解消法や、障害計画などの啓発などについて、

事例を交えながら考え、意見交換しました。


小谷村の松本村長も担当課の皆さんとともにみえていましたが、


流暢な手話で自己紹介をされ、みんな驚きました。

素晴らしいですよね!


障害の特性や存在する障壁を知り、想像し、共感し、

たとえ小さなことでもできることを行うことで、1つでも障壁を取り除くことができる。


障害の有無に関わらず、誰もが生きやすい社会を、社会が当然のこととして構築していくことの大切さ。


村長さんは役場全体で取り組む姿勢もお話しされました。

まさに、自らが実践されていると思いました。

この意見交換会は年1回開催で、今回が14回目。

いつも、地道に私たちに考える機会を投げかけてくれます。

素晴らしい継続性です。

障害者差別解消法が必要なくなる社会になることを願って。

それには、具体的な方法も当然必要ですが、

まずは知ること、理解すること、想像すること、、

そこがないと実現はほど遠いと思います。


iPadから送信
2018.05.28 / Top↑

第1回の「観光振興のための財源確保検討委員会」が、15日に開催され、


傍聴に行ってきました。


委員は8名、うち専門家として大学教授など3名、地域から5名、


その他オブザーバーとして観光協会長の皆さん、アドバイザーとして日本交通公社から3名、


あとは事務局という構成です。


初めに事務局から、村の観光と財政の現状と課題、


観光財源確保策の先進事例の説明があり、その後、各委員からの意見が出されました。


何をするために、いくら必要か、が原点。


そして、白馬の状況の中で可能な徴収額は、徴収しやすいか、透明性をもって運用されるか、目的にかなっているか、、、


今後の議論となるでしょうが、観光客はもとより、何より住民に理解を得られるかが非常に大事。


もし実現のあかつきには、大きな変革になることは間違いないので、事務局は宿泊税ありきではなく、


さまざまな可能性の検討がなされるように、丁寧にしっかりと進めてほしいと思います。


委員会は、11月までに今日を含めて6回を予定。


ただし、あくまでも予定とのことで、状況により変更もあり得るとのこと。


会議は公開、会議資料も全てホームページで公開するということです。


注目していきましょう。


写真は、開会前の会場の様子です。

image1.JPG



iPadから送信
2018.05.16 / Top↑