富山県朝日町との議員連絡協議会で、朝日町に伺っています。


もともとは、富山県とのトンネル開通を目指して、20数年前から始まった交流です。


道路や観光、高校のことなどで意見交換をさせてもらいました。


その後は、朝日町の複合施設の五叉路、民営化された泊駅の駅舎を見学させてもらいました。


五叉路には、歩いて買い物に行ける地域住民のための店舗、観光協会、商工会、社協などが入り、


大小の会議室や研修室も備え、町民に利用されています。


ちょうど、店舗では白馬の特産品を扱っていましたよ。


一方、民営化された泊駅には売店の代わりに、地域の洋菓子店が開店していて、


乗降客のみならず住民の利用も多いそうです。


また、1本のホームで、


新潟県のときめき鉄道、富山県のあいの風鉄道の列車に乗り換えることができるという、


非常に珍しい駅です。


両方とも、地域住民の暮らしを守るアイデアからだと感じました。

写真は、明るい造りの複合施設、五叉路の様子です。

image2.JPG
iPadから送信
2017.05.26 / Top↑

今朝は、地区の花の里活動として、公民館花壇の手入れや、河川沿いのアジサイやコブシ周辺の草刈り作業がありました。


自分は、草刈り機で河川沿いの草刈り作業です。


今年からシニアクラブも結成されたので、子供会とともに、区民とともに参加してもらい、賑やかです。いいですね。


みんなで作業するので、割と早めに終了でき、花壇もスッキリしました。


けれど、花木などは、もうこれ以上の人手がない中、新たに植栽するのは数年前からやめています。


植えたあとには、肥料管理、草刈り、枝打ち、冬囲い等々が控えていて、


過去の、綺麗だから、とにかく植えたい、補助金が来るから植えよう、という時は終わりました。


区の事業も、後々のことを考えながらやるべきときが来ています。

写真は、草むしりの終わった公民館の花壇です。image1.JPG


iPadから送信
2017.05.21 / Top↑

午前中は、協力して、食用ホオズキの定植作業。

保育園に通う子供さんも、ジョウロを持って一緒に手伝ってくれました。


暑いけど、景色が良すぎて気持ちよく進みました。


晩夏からの、実りのときを楽しみに。


地域の皆さんにも、もっと味わってもらい、利用してもらえるよう、

みんなで頑張りたいと思います。

写真は、青空のもと、みんなで協力しての作業の様子です。image1.JPG

image2.JPG
iPadから送信
2017.05.21 / Top↑

18日、大北5市町村で構成する、北アルプス広域連合議会が開催されました。

白馬村からは、正副議長と、総務社会委員長の3人が、議員として出席しています。

自分は、2年間の副議長の任期を終え、この議会から総務社会委員長での出席です。


新たな委員会構成を決めたあとに、


専決処分のほか、補正予算などを審議。


一般質問は大町市の二條議員、松川村の梨子田議員の2名でした。

新たな介護保険制度や、移住定住などに関して質問されました。


なお、新ゴミ処理場建設に伴う、


白馬村八方に建設予定のリサイクルセンターと、


大町市のリサイクルセンター改修の説明も受けました。


白馬村のリサイクルセンター建設については、

計画が明らかになるに伴っての不足分として、

約4870万円の大型の補正予算が計上されましたが、

全会一致で可決されました。

次の広域連合議会は、8月の予定です。

前年度の決算審査が主となります。


写真の図面は、白馬村の現在のゴミ処理施設の、

道路を挟んだ東側に建設予定のリサイクルセンターです。


image1.JPG


iPadから送信
2017.05.20 / Top↑

白馬の教育を考えるシンポジウムが、

民間の、白馬インターナショナルスクール設立準備財団の主催で開催されました。


始めに、もとサッカー日本代表監督の岡田武史さんの講演。

現在は、今治市でサッカーチームを率い、また、環境教育や地域起こし活動を積極的にしています。

岡田武史さん、曰く「夢」を語ることの大切さ。


語ることで、理解と共感が生まれ、行動が生まれる。


納得。


インターナショナルスクールの実現に向けて、具体性を持った夢を語り続け、


周囲をいい意味で巻き込んで、ここまで持ってきた草本さんの熱意と行動力。


素晴らしいですね。

女性としても、その生き方は、私たちを勇気付けてくれます。



白馬高校でも国際観光科の教育が提供されている現在、


さらに多様な教育を提供する地域になれたら、それこそ名実ともに世界の白馬。

世界中から、白馬に子供たちが集い、生き生きと学ぶ日を目指して。


応援しています!

写真は、講演する岡田武史さん、インターナショナルスクール構想を話す草本朋子さんです。

image1.JPGimage2.JPG
iPadから送信
2017.05.14 / Top↑

8日、白馬村の赤十字奉仕団の総会がありました。


兼務していた婦人会組織がなくなり、本年度から、独立した会として活動が始まります。


団には、すでに五十数名の参加申し込みがあるそうです。


活動計画や予算を承認し、総会後は、引き続き研修会。


赤十字の歴史や、様々な活動をレクチャーいただきました。


自分も地震の際にもお世話になりましたので、何かのお役に立てればと思います。

写真は、白地に赤十字のマークが入った、

赤十字奉仕団の団旗を受け取る太田委員長です。

image1.JPG


iPadから送信
2017.05.10 / Top↑

昨日の白馬村の塩の道祭り、行ってきました!


好天に恵まれ、約2600人の参加者とのこと。


皆さん、思い思いの楽しみ方で、


素敵な景色を満喫して歩いていました。


今年はサクラの花も、満開。


塩の道祭り、オカリナも吹きました♪

楽しませてもらいました。



「森の音」の皆さん、ありがとうございました(^-^)


そして、参加者の皆さん、ボランティアさん、振る舞いの皆さん、関係者の皆さん、

大変お疲れ様でした。

また来年を楽しみに!

写真は、大勢の参加者が歩く、飯森神社へ向かうあたりの様子です。image1.JPG



そして、こちらは、オカリナ演奏の様子。写真を撮っていただきました。

照れ臭いなあ(笑)

image2.JPG

iPadから送信
2017.05.05 / Top↑

4月29日は、白馬村消防団の出初式。


団員145名の出席、県、警察、近隣地域の消防団などを来賓に迎え、


ウイング21を会場に厳かに行われました。




その後、駅前から八方への道路に場所を変えて、分列行進でした。


今年は荒れ模様の天気のため、テントも用意されていました。


キビキビと、整然と行進して行きます。


頼もしい様子です。


大変な任務ですが、これからも地域のために、どうぞよろしくお願いします。


私たちの安全、安心をつくる、身近な消防団の皆さんに感謝。

仕事を持ちながら、訓練に励み、いざという時に備えてくれています。

自分は、神城断層地震の際に、消防団の活動にどれだけ安心感をもらうことができたか、

言葉に尽くせないほどです。

特に、地域内に残って避難している者のとっては、何日も続く停電と余震の真っ暗い夜の不安は相当なもので、巡回の消防車の赤色回転灯が見えると、それだけでありがたかったです。

地域の顔が分かる、地域の様子を知っている消防団の活動の大切さ、ありがたさを実感しました。

地域としても、消防団への理解を進め、充実した活動ができるようバックアップしていきましょう。

写真は、分列行進する消防団員の隊列です。image1.JPG



iPadから送信
2017.04.30 / Top↑

白馬村の戦争体験を語り継ぐ体験集が、今春、刊行にいたりました。


神城断層地震の2日前に、編纂について関係者で話し合ったものの、


その直後の震災の影響で延期されてきたものです。


自分も当初の会議を通して働きかけてきた者として、今回の刊行をとても嬉しく思います。


また、寄稿してくださった方々、公民館や運営審議委員など関係各位の努力に感謝です。


戦後70年を超えた今、残しておかなければ、生きた声を残す機会は非常に可能性が低くなります。


ここには、戦中を様々な場所や立場で生きてきた人たちの、いろんな思い、考え方がそのまま載っています。


これだけでは拾いきれない体験もあった事と思いますが、


戦争を実体験していない我々が、この体験集の声を通して、戦争を知ることが、まず第一歩。


そこから次世代へと語り継ぐことが、大人の責任として求められます。


戦争に真の意味での正義はないと、自分は思っています。


ぜひ、お手にとって読んでください。


お問い合わせは、白馬村公民館まで。(電話 0261-85-0726)

写真は、体験集を持つ横川公民館長さん。image1.JPG


こちらは体験集の目次です。
image2.JPG
iPadから送信
2017.04.30 / Top↑
白馬村の平成29年度から31年度までの実施計画、財政試算表が、村のホームページに掲載されました。
こういうかたちで公表されるのは初めてです。
当たり前のことですが、少し前進で、嬉しいことです。
pdfになっています。ぜひご覧ください。
特に財政試算表を。

http://www.vill.hakuba.lg.jp/somu/plan/comprehensive_plan/fifth_plan/execution_plan_H29-H31.pdf






iPadから送信
2017.04.30 / Top↑